• «
  • 2017'10:
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放置していただけ・・・

昨秋にブ◎スケで頂いたボーゲ◎ビー・ホワイトの種ですが、
皮むきして冷蔵庫に2ヶ月ほど入れて置き(忘れていたとも言う)
その後にクリローで使用済みのカップに蒔いてストーブのそばに放置しておいた。



2月末になにげにカップを覗いてみると・・・(≧▽≦)ハツネ~
急いで廃棄寸前のプラコップに植え付ける事に・・・
今のところ13~15くらいあったと思います。

それでも、残り10くらいはあると思うので成長によってプレ候補となると思います。
今回は、このボーゲ◎ビー・ホワイトが一番良く発根していたので、
例に挙げていますが、この他にクリ◎パ、アディ◎ニー、妙◎、紫の◎、バー◎ーが
同じ条件で各1~2粒に発根が見られました。

でも、これは前提条件にしか過ぎず
この後の実験の為のデーターとしての記事になります。
ただ、有効な方法ではあったようです。

スポンサーサイト

得たものとはなにか

ジップ蒔きも今年の春からいろいろと試しながら、
何かを掴みたいと思ったけれど・・・

クリローと違い失敗の連続であった。
秋の種の入手時期までには経験を得たかったのだが・・・

一つ分かったような、分からないような事として
↓のアディーやテキセンの結実の善し悪しだ!

Dscn2101.jpg

こちらはオクで購入したものであるが、水に浸して皮を剥いたら半分はダメそうである。
これには、オクの他にも頂いたものも同じ結果となった。
そして、テキセンにも同じ事が言えた。 (´Λ`)フゥー

一方、↓こちらはビチセラ系のホーゲルビー・ホワイト!
どうでしょか?種の出来具合が画像ではわかりずらいでしょうが、
明らかに違うんですよ。
しっかりとした厚みもあって、最近冷蔵庫から出してみました。
こちらも、頂きもので話によると100粒くらいは取れているらしい程の株です。

Dscn2102.jpg

そして、こちらはガーデンズの非売品のバーシーを約2花くらい頂きました。
秋から初冬まで、行くたびにつついてましたが、
枯れるまでに時間が掛かったものの、
種はこれまた厚みのある芯まで日に焼けたような茶褐色の健康体でした。

Dscn2103.jpg

これらの種の親は大株であることが前提であるので、
アディーやテキセンの親がどこまでの大株なのかわからないし、
種が結実しずらい説も捨てきれないでいます。

その辺がわかったり、ジップ蒔きが安定するまでには
もう少し勉強代が掛かりそうです。

ジップ蒔き!その後(12)

あ~( ̄□ ̄)
しばらく開いてなかったら1000番のキリ番越えてんじゃん!!
何か考えようかな~と思っていたら・・・
どなたであったのだろう?

キリ番の代わりにゾロ目でいこうか・・・
差し上げる物も来訪者の方々の方がいいものを持っているであろうから・・・
ん~無難な線でカ◎コさんの桃*桃辺りなら良いであろうか?
昨シーズンに苗の購入で1作しての5号鉢サイズでどうでしょう。

話は変わってここのところ、かなりの放置プレー振りで
変化があっても気にせずほぉってあった。

Dscn1961.jpg

バーシーカラーの方はGA50に2つばかり発根してきました。
溶液の投入日が9/18日になっていたので、2ヶ月足らずと言ったところか。


Dscn1962.jpg

がしかし、C・エンジェルにあってはGA100の方に2つの発根が・・・



設置場所はテレビの上がほとんどで、たまにビデオデッキや棚の上と
かなりほったらかしていました。

Dscn1960.jpg


こちらは、他の物にも発根がありそうな気配!?

でも、これでは全然有効な資料にはなりそうもないかな・・・
両者で逆転現象が出ているし、まばらな発根では成果とはなりそうもないな!
別に溶液を投入しなくても発根したかも知れないからだ。

まだまだ、根気よく試さねば・・・




ジップ蒔き!その後(11)

クリローと同時にクレマーもチビクレ目指して再度チャレンジ!
今回はクリローと同様に濃度差による比較を試す事に・・・
更に乾燥種からなので、結果も期待したい(^0^)

Dscn1762.jpg

ただ、乾燥種の皮むきは、皮も硬めなので種子ごと割ってしまうこともあり、
結実していないことも含め、使用できるのは8割くらいであった。
普段のジップ蒔きの方法だと一晩水に浸けて
皮を柔らかくして剥きやすくするのだが、
せっかくの乾燥種にリスクを承知で行ってみた。



クリローの画像と同じく相変わらずの画像であるが、
ヴィオルナ系は初めてなので期待大!!

今回はこれを含めて4種類ほど用意でき、
来月にもクリスパが手に入りそうなので、是非とも結果を出したい所だ。
乾燥種だけに最速発根も期待してしまう!(≧◇≦)ニャハハ

でも、前回のはインテグリフォリア系であるからなぁ~

ジップ蒔き!その後(10)

前回の更新から約半月が経ちました。
まだ、やっていましたこのネタ!
そして、今後もやりますこのネタ。



前回は確か4粒程度が1ヶ月くらいで発根しましたが、
ここにきてほぼ9割くらい発根しました。
ただ、成長も夏場を越えてスローペースかも・・・?

この中で以前にジップから卒業したものが1粒ありますが、
未だに双葉のままで変化なしの状態です。

この休み中に次のジップを追加投入しますから、
こちらの方の実験も厚みを増して検証したいです。

New «∥Top» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。