• «
  • 2017'08:
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようやく・・・

長いこと双葉でいたC・エンジェルでしたが、おおよそ2ヶ月振りに動き出しました。
まず、双葉が枯れかかるくらいまでの長い期間に地下部を育てていたのだろうか?
それとも、単に成長が停まっていたのだろうか?




どちらにせよ、ようやく動き出したので、後はひたすら大きくなるのを待つばかり・・・
このC・エンジェルは強健なので、上手くいけば来春にも花が付くかも知れない?

今の所、この系統は5~10%と発芽率が低く、ここに来て良い情報と準備が整ってきた。
近日中に試験種を補充して発芽率50%越えを目指すように、実験に入る予定でいます。

スポンサーサイト

伏兵のその後

伏兵の1つは電照下に置いてみましたが、
やはり反応に答えてくれました(^0^)/



つる性に属するせいもあるのと、室内のせいもあるから
徒長気味であるのはご愛敬!

今は葉を出させて節を多く作らせる事が地下部にとっても最良だと思っている。
ちなみにこれは↑後の発芽のものだけど、
電照下に置いてからあっさり成長は追い越してしまいました。

伏兵現る!

記事を確認したら12月の初旬にC・エンジェルの事を書いていましたが、
あれから1ヶ月も経っていたのに双葉からまるで変化もなく
何が頻繁に報告だよ~と我ながら突っ込んでしまった。

そして、1ヶ月後に枯れたかと思っていたバーシーがやってきました!




思うにこの両者はC・エンジェルの方が双葉までは早く
今は地下形成をしていたりするのだろうか?
それとは逆にバーシーの方はこの1ヶ月、地下形成をしていて
最近地上に顔を出したと言うものだろうか?

はたまた、おいらの栽培が下手なだけか?
この説が一番有力であろうけれど、
まだまだ未開の域が多いことだけは確かだ。

また、遅れること1週間で2つ目も出てきて、残るは各1つだが期待は薄く
まだまだ、クレマの早期は道のりが険しい。

画像は11日のものであって、あれから10日程経ったのがこちら↓

Dscn2218.jpg

ちょいとボケボケしていますげど、

Dscn2220.jpg

アップにしてもボケてしまった。
夜に部屋で取っているから液晶画面を覗いてもよくわからなかった。
と、最後は言い訳ですが、今後はこちらの方の成長記録が早いと思います。


サポート隊

ジップ蒔きから卒業したC・エンジェルが最近相次いで発芽しました。
こんな絶妙なタイミングの良さに、
せっかくなので祝福のア◎ノスシャワーをお見舞いした。


Dscn2061.jpg

今回は3株中の2株が発芽をしましたが、バーシーはまだ土の中だ。

また、チビクレの方が成長のスピードが高いためチビクリよりも早くに報告が出来、
チビクリの報告までのつなぎとしての使命もあるのだ。



用土はな~んも考えずにHCのやっすい培養土で過ごしています。
ただ、部屋がマッチしているせいか、窓越しの日差しで育っているのだ。

同居のアディーは(今年に苗を取り寄せたもの)夏場に葉焼けして
養生のため取り込んだら、ここにきて、2番、3番(まだ蕾)と花が咲いた!?
って12月によ~今は4番が来るのか見守っています。


最近、本当にジップ関係が放置プレーになって、な~んもしてない!!
種を冷蔵庫に入れっぱなしのほったらかしだ・・・

New «∥Top∥» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。