スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

追っかけ!!


ポット上げの遅かった物だったのか、
成長がほとんど無いチビクリをまとめて見つけ出し、
これ全体を追跡することをやってみようかと思いました。



交配親については後程、修正更新しておきますのでこの時点のUPはしません。
この他にもいくつか予定していますが、チビクリがバラバラで見つけだせないでいます。

これは、運良く100%発芽で順調にここまできていますが、
この後に登場する物については何とも言えません。

おそらく、同じ様な画像がUPされて変化のない内容だと思いますが、
カテゴリー別に追いかけて行くつもりですので、どの様になっていくのやら・・・

他のブログにもあるように、葉の特徴を伝えて行くことになりそうですな!(^0^)/

★追記★

yumehanabito2004-img545x409-11158171692dfp40.jpg

yumehanabito2004-img545x409-11158171852as19.jpg

グレーパープルシルバーリバース×Ashグレーパープルリバースピコ

グレー系の交配ですので成長には時間がかかりそうです。

スポンサーサイト

作りかけ・・・

すっかり朝晩は肌寒くなってきました当地域ですが、
チビクリもかなり目覚めてきたので、また、日照装置で遊んでみようかなぁ~と・・・

夏場に秋に向けて2号機を制作していたが、
作りかけでやめていた状態がこちら ↓
下手な作りなのでお恥ずかしいが・・・

Dscn1811.jpg

この状態で半分も作っていないだろう!
部品の設置が半分と言ったところ・・・
その後に回路を作り、通電確認をしないといけないから
まだまだ完成まではいかないな~

完成して運転出来る状態が、こちらの1号機です。
初期の物なので、運転までのコストは、この9cmポットサイズでも
1500円くらい掛かってしまうのが辛いところだ。




理屈状なら更に部品を追加して、より栽培条件を良くするのだけれど
その部品もお高めなので、結果を出しての改良をと考えている。

2号機はアダプター接続でもして、
1号機からの延長にすれば電源は確保出来るため
初期の6~7割くらいのコストで完成できそうだ。

今回は栽培のポイントもこの夏に教わったので、
もう少しハッキリとした効果を出したいんだけど・・・(´◇`)

根を操作できるか?

今回は自分でもアホな感じに思える実験を・・・
先日あたりからあちらこちらで発根の便りがあり、
まっすぐと下に根が伸びる、伸びないと様々だ!

そこで、発根に際しガイドがあったら下に向くのかやってみることに・・・
日曜にガイドとなる物を探してウロウロとしていたのだが、
真っ先に思いついたストローは企画サイズで却下することに・・・

最終的に手頃で遊べそうなスリットチューブに決めました。

Dscn1797.jpg

あの配線をまとめるやつね♪

Dscn1798.jpg


それをタッパーの深さの2/3くらいに切断して並べてみたらこんな感じ!

Dscn1804.jpg


そこに、今回は化粧砂を入れて、発根の始まった種を乗せた状態です。



この上にまた隠れるほど、砂を乗せて根の動きを観察することに・・・
なんか、全部根が飛び出てきたら、かなりのおバカ振りなので
やっている自分もバカだな~と思っております。

ただ、逆に成功するとジップでも可能性があると思えますから、
いくらかでも場所を少なく効率的な筋蒔き状態を作り出せるかも・・・です (≧▽≦)ギャハハ

下ってどっちよ!

おいらの所で一番早い状態はこちらだけど、
見事主人ににてへそ曲がりだった。(^o^)/



画像では判断しずらいがU字になって見事なエビ状態です。
ちゃんと、宙返りしているのが笑えます。

おそらく、パーライトの中に埋めないからこんな状態になるのでしょうね!
でも・・・重力を察して潜るはずなんですが・・・なぜ?
ヨガのポーズにも見えてしまうのはおいらだけか・・・

ジップ蒔き!その後(11)

クリローと同時にクレマーもチビクレ目指して再度チャレンジ!
今回はクリローと同様に濃度差による比較を試す事に・・・
更に乾燥種からなので、結果も期待したい(^0^)

Dscn1762.jpg

ただ、乾燥種の皮むきは、皮も硬めなので種子ごと割ってしまうこともあり、
結実していないことも含め、使用できるのは8割くらいであった。
普段のジップ蒔きの方法だと一晩水に浸けて
皮を柔らかくして剥きやすくするのだが、
せっかくの乾燥種にリスクを承知で行ってみた。



クリローの画像と同じく相変わらずの画像であるが、
ヴィオルナ系は初めてなので期待大!!

今回はこれを含めて4種類ほど用意でき、
来月にもクリスパが手に入りそうなので、是非とも結果を出したい所だ。
乾燥種だけに最速発根も期待してしまう!(≧◇≦)ニャハハ

でも、前回のはインテグリフォリア系であるからなぁ~

比較対照を変える

今回は2度目になるので、前回の常温と冷蔵の結果を踏まえて
濃度差を検討してみることにしました。(GA処理)
そして、運良く?乾燥種も見つかったので数は少ないが同様にしてみる。

前回の結果から常温管理は変化無しと言うことで却下し、
全て冷蔵にして高温処理済みのものを使用する。

Dscn1735.jpg

前回もこの↑画像は使用しています。乾燥種が2種

Dscn1779.jpg


そして、今回の主種です。恐ろしいことに全て購入品!(≧▽≦)/ヤッチャッタ
乾燥種も同じ画像で変化がないので省略です。
終わって気が付いたのは未処理がないから比較できるかー
でも、全てこの日から冷蔵庫行きなので、一般論と比較できるかも・・・

この溶液漬けのまま冷蔵庫で1日寝かせて、
その後に殺菌し直して冷蔵庫プレーを続行するのである。

今回は4種類用意して、あまった溶液を最近購入のアトロに行ってみました。
これで、原種あたりが腐敗したら、と思うとかなり冒険だったかも・・・

チビクリの体力

栽培下手と管理下手が祟って毎年梅雨から夏場にかけて
多くのチビクリを失っていました。
たいがいのパターンは画像に入れてある茶葉のように枯れてしまい
地際からポロッと取れてしまうのであるが、
今期はこの状態の物を、目先に置くように配置換えをして少し様子見をしながら、
復活を期待した。
先週が秋の陽気であったせいもあり、続々と芽が上がってきました。

Dscn1770.jpg

根が死んでしまう前で処置場に移動できていれば、何とか復活にこぎ着けるようだ。
葉が展開してもしばらくは様子を見ながら、次の動きがあるまで辛抱しています。



確かこんな風になる葉色は、日照不足からくる何かが足りていないと
どこかのブログに書いてあったなぁ~

今はこの様なポットが10数ポットもあり、動きの無いのもその倍くらいはある。
だいたい、時期が終わる頃に多くの事を得られることがあり、今回もそうであった。
この状態のチビクリも次回には減らせるように、習得した事が生かせるといいのだが・・・

ジップ蒔き!その後(10)

前回の更新から約半月が経ちました。
まだ、やっていましたこのネタ!
そして、今後もやりますこのネタ。



前回は確か4粒程度が1ヶ月くらいで発根しましたが、
ここにきてほぼ9割くらい発根しました。
ただ、成長も夏場を越えてスローペースかも・・・?

この中で以前にジップから卒業したものが1粒ありますが、
未だに双葉のままで変化なしの状態です。

この休み中に次のジップを追加投入しますから、
こちらの方の実験も厚みを増して検証したいです。

逃した株は大きかったのか?

今年の春先に見つけた園芸店での事
シーズンもほぼ終わりとなり、webで見つけたお店に行ってみた事に始まった。
ただ、ホワイト・ダブルがセールになっていたので軽い気持ちで見に行ったのだ。
お店は住宅街にあって見つけられずに、結局近所の人に聞いてわかったほど・・・
それだけシンプルなお店であった。

すかさず、ホワイト・ダブルを見て、ふぅ~んといった感じ!
で、棚に気になる株を1つ見つけいい感じである事を言うと
店主夫人が、これ◎山さんのよ!の返答に驚いた。
おいらの食いつきが良いことに、裏から1株また1株と出してきてくれた。

そんな事ならと店主に案内され裏庭へ通してもらい株を見せて貰えることに・・・




シーズンも終わりで一度片づけてしまったようだった。
その中の1つ同じく◎山さんの作出株の3番花↑ですが、これで色が抜けているらしい。
webにも載らない株がいくつもあり、
お財布と相談してその場で◎さまのssバイカラーまでしか手に出来なかった。
もともと、セール品狙いで気合いも薄かったからね~

翌週に電話を入れると雑交を避けるため花茎を落として整理されてしまい
次期まで待って見つけるとの返事(あるのか、無いのかまでもわからず)

ただ、想定外の展開でナーセリー株がゴロゴロしている
ひとけの少ない小さなお店で、
春先の日没までクリロー談義を店主と庭先で楽しんでいた。

晩夏

先週、友人に呼ばれお茶をしに待ち合わせたが・・・見事に拉致られた!
どうも車を買い換えして連れて行かれた、悪友の地元!!



R134の逗子から江ノ島に沈む夕日を見る事になろうとは・・・(走行中↑です)
夕方のせいもあって、逗子海岸は人気も少な目。
そして、海岸線の葉山の店でお茶を・・・んで、マッタ~リして、ダベッて帰宅。
ヤローばかりだし、店も洒落っ気なし・・・葉山まで拉致ってからに・・・
会わなきゃ言えない話と、毎度となく雑談。

でも、わりとシーズンの終わった直後の観光地って好きかも・・・
今週は天気も悪く、すっかり秋の気配が・・・

ご好意 & 経過m(_ _)m

        午前中を使って、種子の様子をチェックしてました。
        カテゴリーの分類とタイトルは”ご好意”であるが、
         ここ数ヶ月間の報告と成果の有無も込みで・・・

★まずは、R467の方からの頂きものですが、冷蔵庫へは7月と9月の2パターンで、
 先行はほぼ発根が始まり動きが見れるようになりました。
 しかし、後発の物に1粒ですが腐敗の兆しがあり、様子見の状態です。
 8月中に腐敗が進んだと見ています。

★次にR5の方からの頂きものは、8月初旬の到着にも関わらず、
 即全部冷蔵庫へ入れこの時期までに8割程の発根を確認しました。
 この早さにはちょいと驚いていますが、十分に高温がなされていれば納得かな~
 あと、冷蔵庫ながら腐敗が1粒でてしまいました。

★先日、40度越えの発根を取り上げましたが10セット中半分以上の発根が見られた
 セットは7セットありました。残りの3セットのうち2セットがブラック、
 しかもGA処理がしてあった。発根の方もGA処理が2セットで効果はわからず・・・
 早い物で動き出しは4週目からで今週で6週目です。(8/1-9/10)

★また、GA処理が出ましたが処理して冷蔵庫と処理して常温放置とでは、
 冷蔵庫組が促進効果があったかがわからず・・・
 これは、期間が今月で2ヶ月くらいになったり、40度越えでの短期発根が
 出来ている、出来ていないと出てしまっているため・・・
 常温組は理屈的にも効果はなしと言っていいかも!
 すべて発根は確認できずに変化なし・・・

★常温組では腐敗が多めに出ました。
 ◎さまの糸ピコがあえなく餌食に・・・
 また、R305の方からのトルカが一番多く4粒程だめになりました。
 そう言えば、昨年の原種交配なんかも発芽率が
 全体的に悪い傾向にあるかも知れない?
 だとすると、マメに殺菌処理をしないといけないかも・・・

まだ、これから手を加える種もいくつかあるので、効果のあることを期待して
引き続き実験をやってみるのである。
それと、今日紹介されなかった方々は、まだ種子が目覚めていませんので
来月辺りに報告できればと思っております。m(_ _)m

素材の下準備

次の実験のための種子が集まり出しました。
↓は大◎さんの所からの物だが封筒の中に置き忘れて、
偶然にも乾燥してしまったのだ!

これらはssの交配種で2袋ほど残してあったので、それぞれで楽しめそうだ!

Dscn1735.jpg

続いては同じく検証実験に参加する、C・エンジェルです。
ちょうど欲しい頃にヤフオクに出ていたので即決しましたね。




こちらは効果が短期で出る可能性を秘めているので期待も膨らみます。
今度は濃度を倍にした物と前回の物と2種類用意して、
溶液を浸透させての効果を見たいと思います。

前回は水分が浸透済みの物を溶液に浸したので、
乾燥種ではないから効果も薄かった・・・かも知れない。

これがスタート出来たら追記と前回の成果を・・・

代用品(2)

こちらも他の方のブログからヒントをもらって作成途中の物です。
プラコップを2/3の高さで切断し、
底部に穴をあけて給水を出来るようにするつもり・・・
各コップにパーライトを敷き、種別に種を蒔いて冷蔵庫へ



形式的には、これが一番良く出来ていそうで、8カップ入る予定なので
コスト的には大タッパーとプラコップ(8/25個)で100円とちょっとだ!
ただ、工作が必要なので、個人の頑張り次第かな~

前回のゼリーカップも8個で100円だ。
でも、高さに不安が残るし・・・
それを補っているのは、プリンカップであろう!
種が少ないならあれで十分かもね♪

この、大タッパーの欠点は場所がかさむこと・・・
これを解決しているブログもあるので、その内材料を買ってきて試してみたいね。
ただ、そちらも実験過程なので、経過も気にしながら考えていこう!

代用品

以前にもタッパーには触れていましたが、先日100均をうろついていて、
ある方のブログで見たものを思い出しました。

それが↓の右側の物、こんなのあったのか~とすかさず手に取り、
大きさに種類があるのかキョロキョロしていたら、左側も発見!!
ワンサイズなので、ひとまず購入して見比べることに・・・



理想なのはプリンの容器で上部の空間がなかなか良い。
ゼリーの容器だと保存には良いが発芽となると、ちょっと厳しいかも・・・

Dscn1757.jpg


横からだとわかりやすいかもね~
ゼリーの容器の蓋が窪んでいるのが、タッパーとの差になっているようです。

Dscn1758.jpg

あとは、これで水分の蒸発がタッパーと比べて同じくらいなら言うことなし!
種の数が多ければコスト上はこちらの方が安上がりだ。

だけど、冷蔵庫内で物がぶっかった時には破損や蓋が外れる、
最悪散らばる事は承知の上で取りかからなければ・・・

(再掲)コマーさる!です。

ここに来る方は自分なりの配合で用土を作ってますが
中には大変で手を省きたい方へのご案内です。

Dscn1662.jpg

おそらく、苗の販売シーズンの頃には
各地のお店でも見かける機会があることでしょう!
興味本位で使用してみるのも良いかと・・・

専門店さんのアドバイスもあっての制作らしいと聞いてますので
もし、好評価でしたら皆さんのブログでUP宜しくです m(_ _)m

ジップ&タッパー

他人のブログを見ていると
今期は早々と早期発根が始まっているのを目にするようになってきた。
裏山鹿~と思ってちょっと自分の様子を見たら・・・

ジップの2~3袋に↓種子が割れだしているのを見つけました w(^0^)wオォ~

Dscn1743.jpg


それで、溜まらなく他のタッパーとか覗いてみました!
左側は以前に冷蔵庫へ投入時にブログでUPしてますから、
今回も併せて載せました。

Dscn1745.jpg  Dscn1749.jpg

Dscn1746.jpg


↑は左側の内容と発芽した種子ですが、、まだ1粒だけでした。
それに比べ、右側↓の内容にちょいと驚き・・・
高温期は左より短期(でも2ヶ月越え)で温度も高めの設定が
冷蔵庫は40日過ぎで7割が発根してきている。

Dscn1750.jpg


他の人のブログにもあったが、高温期は充実した方が
後の成長や発芽にばらつきが出ない旨が書かれていたが、
これが裏付けとなってくれれば良いのだが・・・

Dscn1751.jpg

来期は積算温度のデーターが取れるように、こまめに記録が必要かも・・・
簡便計算で40度→26度に変化すると考えたら、
平均は33度となり*60日(2ヶ月)=1980度の積算になるが、
2ヶ月は越えてるわ、40度は越えてるわで2000度は楽に越えてると思う。

他の40度越えに変化があると、もっと説得力があるのだが
ここ数日に変化を期待したいところ!!
あと、1粒は腐敗してました。これも大事なことね。

ちなみにGAは共に未処理で上記のジップのみであるが、
ジップが冷蔵庫に50日滞在しているから効果がわからないです (´Λ`)
この成長具合では通常に近いから効果が見られないかな?


現地と比較!

こちらはこの春にやってきたチビクリの一部ですが、
おいらの所より1ヶ月近く早くにポット上げがされたものです。
やはり、現地より昼夜の気温差が少ないこの地では
現地の物と、この時期までに差が出たようである。

Dscn1738.jpg  Dscn1739.jpg

成長はしているものの、現地のチビクリの成長とは比にならないね!
でも、こちらでも元気でやっております。

Dscn1740.jpg  Dscn1741.jpg

昨日は天候も悪くなり、陽気が一気に2ヶ月も進んで肌寒い日であったが
また今日から夏日再開らしく暑さが戻ってくるようだ。

休眠しているチビクリも多いが、この季節の変わり目を敏感に感じ取ってくれるだろうか?
全株が目覚めてくれることを期待したいね。

こう書くのも休眠したままのチビクリが前年にはいくつも出たからである。
原因もわからず、春先に起きてすぐ休眠だったし・・・???
当然に大きさも勢いも今年の物に負けるほど・・・???

New «∥Top∥» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。