スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

necの魅力

以外に気が付かないものだ~と、我ながら思いました。



それで、昨年↑の画像を探してみると・・・やはり・・・necも熟すんだとつくづく思いました。
その根拠となった今期の花はこちら↓花が咲いて『こんなんあったか?』とブツブツ
しかもラベルは【HCピコ】とだけ書いてあった!


Dscn2602.jpg

思わずニンマリしながら、よしよしと眺めていました・・・
ただ、今期の方が糸ピコ似から離れてしまったんだよなぁ~

Dscn2603.jpg

糸ピコsdに変化したら偉い拾い物だったが、そう甘くもないところだなぁ~
それでもHCにしては拾い物に近かったんだろう。
necのspは見たことあるけど、線の様になっているのは見たことないなぁ~
○○エッジなんかとも違って・・・新たな魅力か?

来期にもっとnecが大きく成長したらsdと言ってもいいのかな・・・?
ssとsdの境目がどこだ~との答えについて、おいらは知りません!!

しかし、昨シーズン後に植え替えをしそびれて、
今期は花数を減らしてこの1輪だけになっちゃった。

なので、開花中の日曜に植え替えました!
すると根はすでに外周に目一杯で一部に根腐れが始まるところだったので、
悪い部分だけを取り除き、この後の新葉の展開具合を見守ることに・・・
秋の手抜きのツケが来てしまった!!

スポンサーサイト

○○×●●の苗

前回のピンクdd×ピンクddの別のもので開花2シーズン目の株です。
前年より弁がしっかりして1枚1枚が大きくなりましたが、
色合いがピコっぽさが無くなり白が強くなりましたね。


↓こちらは1週間前のもの

Dscn2531.jpg

そして、昨晩のものです。今年は花茎も2本になり花芽も6~7つ程ついています。

Dscn2618.jpg

ちょいと、ありふれた色に落ち着いてきてしまいましたが、
充実させて花茎の数を増やす方向で育てて行くことにしよう!
良く言えば複色系でバイカラーに属するんでしょうけど・・・

どうして冷めているかって言うと、次に挙げるホワイトdd×インソムが思いの外、
良く出たのでとても満足しています。
と言うのはオクで出品されていたものが、ホワイトdd-spだったので
今期の初花がホワイトdd-spの連発は悲しいばかりだ・・・


Dscn2545.jpg

そんな中、やたら濃い目の蕾になったので今か今かと待っていました~

Dscn2577.jpg

sp入りですが渋系で、何より丸弁で出た事の方が嬉しいね(^^)/

Dscn2578.jpg

しかも、結構、横向きで咲いてくれている!
この後に花粉を使用するかは悩み所・・・!?

spが多いから、子孫にこれを抜くのが容易ではないだろうしね。

ようやく・・・

長いこと双葉でいたC・エンジェルでしたが、おおよそ2ヶ月振りに動き出しました。
まず、双葉が枯れかかるくらいまでの長い期間に地下部を育てていたのだろうか?
それとも、単に成長が停まっていたのだろうか?




どちらにせよ、ようやく動き出したので、後はひたすら大きくなるのを待つばかり・・・
このC・エンジェルは強健なので、上手くいけば来春にも花が付くかも知れない?

今の所、この系統は5~10%と発芽率が低く、ここに来て良い情報と準備が整ってきた。
近日中に試験種を補充して発芽率50%越えを目指すように、実験に入る予定でいます。

今度はダブルのイエロー

昨シーズンはイエローddが人気の的であったと推測するが、
おいらは開花株なんて買えそうもないと踏んでいたので、
早い時期に苗を押さえていました。

結局は開花シーズンになると不作気味で
品数が思っていたより見あたらなく、
お世話になっているお店もイエローの入荷がキャンセルになったりで
苗を買って置いて良かったと、その時点では思いました・・・が・・・




見事に裏切られホワイト・スポットに様変わりしました!
弁の外側?裏側?がほんのりとピンクがかる感じですが、
お世辞にも綺麗な入りではないんだ~

入ることにより汚く見えてしまう様な色のバランスなのだ!!

Dscn2394.jpg

昼間の日光による、ごまかしで良く見せているんだけれど・・・
そして、日に日にこのピンクの部分が広がって目立って来るんだ~

形も開花3~4日過ぎたくらいに、ようやく整ってきたくらい(画像の物)
ちょいと、寒暖の影響もあってピンクの入りがあると思うので、
来期の成熟度に期待をしたい株になりました。

実験?それとも無知!

少しづつだがプラコップから植え替えをはじめました。
それで栽培上手の方のブログを読んでいるうちに、
自分が恐れて入れない土の配合をしている事に気が付きました。

おいらは水やりが極端だったりする癖があるらしく、
昨シーズン辺りから根腐れの原因が
この癖と腐葉土等の保水性の高い土が引き起こしていると考え
腐葉土を僅かにして、軽石に置き換えたりと排水性重視に切り替えました。



しかし、水やりが極端な為に水切れで失う事も経験してしまう事にもなりました。
そんな1シーズンを終えて、いろいろと人の栽培法や用土を読んで
新たに土を購入してみました。

やはり土に栄養が足りないと自分なりに納得して、ぼかし肥料を使う判断をしました。
ちょうど、週末までに到着したので目分量の配合で、
まずは1ケース分の植え替えをしました。
臭いが独特で(発酵中?)言い表せない!!

これにア◎ノスを来週末に投入して様子を見るつもりです。
それで相乗効果を狙ってみます!

ミ◎シのdd

昨シーズンに購入した、フェアリーが咲きました。
蕾はあまり膨らむことなく←小輪だとは思わなかったので・・・
咲いてきました~

Dscn2530.jpg


初花ですが、標準的だと思えるくらいの色柄なのではないでしょうか。
たま~に、変色気味のものをオクなんかで見ますから、良い方ではないかと・・・



もう1つは昨シーズンの限定モデルだった灰紫系?
誰もがガーネットレッドそのものじゃんと言う代物。
でも、株が大きめだったので、それはそれでよしとしました。
色も形もまんざらではないし、今期のフリフリ系第1号です。

Dscn2515.jpg

昨晩に左下からライトを当てたのが強すぎたみたいで・・・
今日の日中に撮り直しましたが、今度はしべに光が当たらず芯が真っ暗と
なかなか思うようにいい顔をしてくれませんでした。

先日、どこかのweb-shopで売られていたガーネットはもっと黒っぽかったので
近い将来はブラックddが登場するかもね~

発見(‥;)

一晩中降り続いた雨がやんだのは、もう昼過ぎであった。
今日は、ほとんど作業らしい作業は出来ず、整理と観察くらいの事だけだ。
そうしたら、葉ばかり様から花が咲こうとしているではないか・・・

Dscn2560.jpg

おそらく、うちに来てから2~3作していると思います。
常に葉が茂るばかりで今期も期待はしていませんでした。
脇芽ばかり吹いてしまい ↑ 御覧の通り



白系はこんな風になることが良くあることなんだろうか?
他にも白の実生が4作しても花が咲かない苗があるし・・・
しかも、ラベルはピコ?・・・シロの間違いだろーと一人でブツブツ・・・

ダーク系も咲いたよ

今回も誰もが持っているであろうミ◎シの苗です。

ようやく花が見れました。ミ◎シのルーセ・Bです。
結局、同じに苗で購入して他は昨年に咲きましたが2作してしまいました(^^;)
昨シーズンは立ち枯れの餌食で1苗お亡くなりになったし・・・

念の為に2苗購入する事をよくしていたりするので、今回は助かりました。
最近はミ◎シの苗は1つでいいやと思えるようになりましたが・・・


Dscn2481.jpg

当時はこれの開花株はお高かったし、
今でも少し上のランクに位置している種類ですよね~
苗も未だに変わりない価格で人気は継続しているのかな~



やっぱり、皆さんが言うように最も黒に近いと言える、内弁はつや消し調ね。
これで、d-necならメリコでも言うことないんだけどなぁ~

1年待ったせいか蕾も多めに見せてくれました。

もう1つは今◎さんのグレーの初花です。
もう2番花で右奥の1番よりかなり小輪になりましたが、
記念撮影的に撮って載せてみました。
1番花は夜の確認作業で、咲いているのにしばらく気付かなかったんです。

Dscn2490.jpg

necの付け根がグリーンに出てしまうのが特徴のようで
花が開いてしまうと目立ってしまうのね。
良く言えばグリーンのフラッシュと言うことね。
でも、d-necには予想外で嬉しいね。

来期は成熟して更に渋系のスレートを出してくれると期待しよう♪

初花はsdでした

おいらの所はsdが本当に少ない。
そんな中に初花としてsdが登場しましたー \(^〇^)/
しかも昔のバイカラー調


Dscn2473.jpg

アネモネ調なのかなー?

Dscn2475.jpg


でも、若いから来期はどうなるかわかりません!
交配はこちら ↓ 
昨シーズンにHCからの払い下げをしたものの1つだと思います。



前年に購入した苗にいい花が咲いたので昨シーズンは狙って払い下げをしましたね。
今後もこのラベルは出てくるようになりますんで・・・

ddれっどーが咲いたよ

ddレッドが咲きました~って、完全にホワイトで~す(^^)
ただ、初花でも形は整っていてとても良いです。




この画像を撮るまでほとんど気が付かずにいたのが
薄っすらと弁の基から7分目くらいまでにピコ掛かっているんです(◎_◎)
先端部の方にはありません

Dscn2352.jpg

人によっては錦糸ピコみたいに(糸ピコより細い表現?)言う事もあるようですが
おいらからはピコ掛かるとだけにしますね。

なので、2番花や来期にこれがどう変化するのかが、新たな興味になりました♪
そして、交配になってくれるよう大きく育てたいですね。

プラコップの成果

思い付きから約1年くらい経つ頃になりました。
通常のポット上げからですと、10~11ヶ月になろうとするくらい
昨シーズンのチビクリはこのプラコップに委譲しました。
途中の植え替えにもプラコップの効果が見られない事から
それすらもせずに、これだけの月日をプラコップだけで通しました。

Dscn2323.jpg

ようやく一部のチビクリにこの様な現象が現れました。

Dscn2321.jpg


プラコップを作った時に載せてありますが、丁度、7.5のロングポットと同等な感じで
よく根が底辺で元気に成長していると言ったところ



ちゃんとサークリングしているでしょ~
スリットだけに?根も白や薄茶で腐ってないね!
でも、全部がこの様だと言うわけではないんです。

ほとんど成長していないチビクリもいるのも事実です。
また、プラコップはかなり使い捨ての状態に近いです!
約1年に渡り風雨にさらされていますから劣化も激しいですし、
その状態から苗を抜くときにプラコップから外そうとする行為が
破壊に直結してしまうのです。

ですから、苗の数が少ないならば遊べますけど、
多い場合は制作時間や消耗品では不経済になってしまいますね。

一番のメリットは置き場が少なくて済む事なので、
おいらにはデメリットが多い事から破損品から量を落として行く事になります。

咲いてます(3)

先日に紹介しました1リットルポットのその後ですが、
ウソみたいにちゃんと花芽を形成していました。

これを見てしまったので、お店の株はお別れしたんですよ~
あちらはピンク・ピコの吹き掛けでしたが、
こちらはホワイト・ピコの吹き掛けに仕上がりましたからね~(*^▽^*



このくらいの物が普通に出てしまうと、昨年オクで競り落とした株の方が
価格も張るが、ものは劣ってしまうのではないだろうか・・・
そちらはイジケて蕾も確認できず・・・

Dscn2376.jpg

おいらにとっては大好きな部類になるので、
お安く良い物が手に入るのは嬉しい事ではあるが、
この手も今期は多く見かけて、珍しさはなくなりましたね。

咲いてます(2)

ミ◎シのメリもあれから開花しました~
ラベルと比べてやたらダーク・パープルに仕上がりましたよん
また、メリだけあって弁の大きさも形もssは良く出来ていると個人的には思います。



こんな色合いのワイン・パープルの色合いは好きな方に出ましたね♪

Dscn2346.jpg

ネクもDN寄りでいい感じ!
もともと、スプラッシュ?ネット?なるものを持っていなかったので
1つぐらいと言う感覚で手に入れました。

ちょいと画像を見ていたら白い糸ピコでも筆で書きたい感覚(^▽^)

来期もこの濃さを維持してくれると嬉しいんですけど・・・

咲いてます

特別珍しくもないけれど、購入時は白ピコのラベルが付いていたはず・・・
一昨年の花後に購入したので白ピコと思っていたのだが、
昨年、咲いたらピンクピコだったような・・・?
そして今年はハッキリしないリバーシブル調に・・・



当時ミ◎シ以外のメリのラベルを見たことがなかったので、
(白ピコのメリ・ラベルが付いていた)
試しに買ってみたけど、ピンクになった時点で
ミ◎シのメリと何処が違うかわからなくなった。

Dscn2333.jpg

弁に若干の違いがあるだけで、ミ◎シの方は綺麗な丸弁なんだよなぁ~
咲く分には、いいんだけどね~

もう一つはお店の店長からの私物の苗を頂きまして、
昨年開花の予定のはずが・・・おいらが2作して今期初花になりました。

Dscn2327.jpg

黄色が強めのクリームで中輪のなかなか良いシンプルさ!

Dscn2326.jpg

これはブ◎ック◎ンからの実生を育てていた苗をいただきました。
この手の色も数年前に野◎さんのハウスの中でかなり探したけど、
当時は人気で手に入らなかったね~
(そんな古い話でもないが、イエロー系やブラック系、レッド系は入手困難であった)

当然にddは白のみで全て非売品の時価応相で数万からしている時代のおはなし!
今じゃ安い品物は当時の1/10以下になってきましたものねぇ~

入荷始まる

お店に第2段の入荷がありました。
おいらが行ったときには人気の株は売り切れてしまい、
残りの株を見せてもらいました。

Dscn2265.jpg

同じ株なのか違う株なのか、画像で判断出来なくなっちゃいました。



白ピコddは撮影が出来ず梱包準備がされていました。
おいらが行った時にもss白・アイが買われて行きましたし・・・

この株達もとっくに買われて行っていると思いますね♪
おいらは手ぶらで帰宅し次の入荷を待つ方を選択しましたよ。
下の株は未練たらしく、お別れしてきました。

どうもご近所さんはこの時期連日チェックしているみたいだ!
そりぁ~勝てないね~( ̄3 ̄)

伏兵のその後

伏兵の1つは電照下に置いてみましたが、
やはり反応に答えてくれました(^0^)/



つる性に属するせいもあるのと、室内のせいもあるから
徒長気味であるのはご愛敬!

今は葉を出させて節を多く作らせる事が地下部にとっても最良だと思っている。
ちなみにこれは↑後の発芽のものだけど、
電照下に置いてからあっさり成長は追い越してしまいました。

予測と実証・・・あれから

年明けから始めた比較のセルですが、
4週を越えましたので経過報告です!

どのセルにもア◎ノスを約4~5㎜lくらいを投与して
置き場と照射で比較しています。

こちらはベランダ管理の年末(上)と1月末(下)

Dscn2194.jpg

でも、ほとんどと言って良いくらい成長はしていない。
これがおいらの所の環境の現状と言うべきか、季節柄これが標準か
どうしても残りのセルを見てしまうと・・・

こちらは窓越しの室内管理の年末(上)と1月末(下)
Dscn2187.jpg
Dscn2287.jpg

かなりのチビクリに本葉が出始めました。
ここで注意して見て欲しいのは、本葉の方向です。
窓越しなので窓に向かっている点です。

でも、これでも十分に満足しています・・・が・・・

これが出来過ぎました(^^)v
電照装置下の室内管理で年末(上)と1月末(下)

Dscn2128.jpgDscn2294.jpg

本当に出来過ぎです!!
全部のチビクリに本葉が来ているセルはこれだけですから
本葉が出始めたら電照の効果も上がると言った所かなぁ~
それまでは自力で本葉を出してもらわないと・・・?

双葉のまま生育が停まっているのもあるので
この様な事を書いてみました。

それと葉の多くが上を向いている点がポイントです。
電照で生育できていると言う証になりますね♪

では、この後に2度目のア◎ノス投与をしてみます。
また、2月末に変化した記事を書けると嬉しいが・・・

以外な展開

これはおいら以外に手にしている人もたくさんいると思いますが、
試しに苗を買ってみたのが昨シーズンの話。
購入直後に10.5ポットに植え替えて御覧の様になりました。
ミ◎シのssはルーセ・ブラック以外は1作でまず開花する様である。

以外と言いたいのはこの濃さかなぁ~
最近は異常気象と言われがちな影響か、ラベルに比べて良い色合いになってきた。




このまま、ワインレッドで安定してくれた方が好きなんですけどね~
このメリコも丸弁なはずなので、下手な実生のレッド苗よりか良い方向に傾くかもね?

この辺は個人の見解によって、パープル~ダーク・パープル~ワインレッド~レッドと
言い方次第でいかようにもなってしまう。
ただ、おいらみたいに、この色がいいと言う人がいたら今後の開花を見て
開花株を買うなり、苗を買うなりしたらいいと思う。

あと、勘違いしてはいけないのが烏葉の事だ。
この烏葉は大きくなれば緑色になって、他のものと変わりはないので、
常時烏葉である事はないので、付加価値はないです。

それにしてもこの苗は人気薄の種類で原因はネット(スプラッシュ)にあると思われる!
これが、sdやddと言えば少しは違うのかも知れないがssだけに・・・
ネットはそれだけ、かなりの好き嫌いが激しい特徴でもあるんだよねぇ~
これはブロッチについても同じ事が言えると思う。

ところがバランスが整うと格段に質が上がる所がこの花の恐ろしい所だね♪

根を操作できるか?(5)まとめ

偶然の思いつきから始めた発芽操作であったが、
日曜に残りの種を全て開封して様子を見てみた。

3種で10数粒ありましたが、その内の1種に関しては初めから発根も悪く
今回の2/3を占めていました。
それが開封したらほとんど腐敗していたので、
結果から言えば再度やり直しと言うべきであろう!

他の種に関しては発根もせず種に変化なしで、2粒くらいだけが発根をしていました。
まとめると、発根が良い種であれば7~8割強でうまくいきますが、
発根しているかの判別が出来ない欠点を抱えています。

ただ、腐敗に関しては種の特性にあるとおいらには思えるので、
種類が多ければ成功率が上げられる気がします。
この辺は他の種との接触はなく、同じタッパーに別の種も入れてあり、
そちらは発根している辺りから一方は発根し、
もう一方は腐敗になったということから根拠としています。

また、秋にこの実験を再開するので、更なる裏付けを・・・

New «∥Top∥» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。