スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

表と裏

新芽の反応が良かったのもあったので、今回は恥ずかしながら先日の失敗談です。
画像はトレーの大半が枯れてしまっているのですが、
整理して1つのトレーに移した後の状態と言った方があっています。



ここに出ているのは、ぜーんぶ2年苗で角ポットは春に植え替えたものです。

Dscn2804.jpg

原因は棚栽培による部分的な水切れなんです。
言い方を変えれば、日が差し込む端から2~3列目までが、
思っている以上に乾燥してしまいがちで、
どの棚もそこに置いてある物が水切れを起こすと言うもの。

そこまで知っていながら失敗してしまうおいらはなんだー!!

これらを整理して集めたら、画像の様な感じになったのだ!

全部を見ていないけど、まだまだ出てくるんだよね~(T_T)

スポンサーサイト

猛暑?冷夏?

急にレスが付き始めたので、おいら自身が驚いておりますが・・・
どこがで宣伝されているのかしら・・・?

猛暑の予想から、記事には恥ずかしくて公表していませんが
少し前に忙しかったあまりに百を越えるチビクリを失いガックリきている時もありました。
特にポット上げしたものが大半で何も言えない状態です!

気を取り直して以前にトレーに印の付いたチビクリの紹介を今回はしたいと思います。
ここに来て驚きが・・・ ・・・(日曜日の画像です)

Dscn2808.jpg

どれも同じトレーのチビクリで遮光は一切無し!!

Dscn2809.jpg


毎日、直射日光を浴びている状態で~す。



このトレーは植え替え時のぼかし肥料やア◎ノスやらタ◎イのダ◎マ菌やら
超実験的で何が効果を出したのか?
単に冷夏なだけなのか?

発芽からの1年苗は実験的過ぎてハイリスクを負ってしまいましたが、
ここで紹介の2年苗のチビクリは猛暑を感じさせない勢いの
”休眠期なっしんぐ”の調子なんですが・・・

他の方のブログを読んでないのでわかりませんが、
おいらの所がこんななのであれば、他の方の地域なら、
全部の苗の動きがあってもおかしくないと思えたりもするんだよね~

こんな不快指数9割を越える地域でも手つかずのチビクリが
育っていますよ~と言う報告です。
(ナメクジも超活発ですけど・・・)

ラストの第十六弾。

ラストのリストになります。
他にもいろいろな交配をしましたが、数が採れない物ばかりで
dd*ddはなかなか採れませんでした。

そんなこともあって、トリはこれにしようと思っていました。


Dscn2392.jpg

母親には白ddを・・・
そして父親にはアプリ調のピコddを・・・


Dscn2568.jpg

これを最後に第一回より第十六回までの締切を今月末(7/31)にします。
欲しい方は必要な記事にレスを付けて下さいね。
詳細は第一回の記事に記載してあります。

今回も1口6粒で2口分の用意をしてあります。
ここまでお付き合いありがとうございました。

遅くなりました~第十五弾です。

すぐに更新する予定でしたが、遅くなってしまいました。
前回の予告通りに今回も母親は白ピコ・ベインです。

Dscn2540.jpg

そして、今回の父親はこちらのddであります。



何度も登場してきた株ですから説明はいらないでしょう!
1口6粒で2口分の用意をしました。

第十四弾。

まだ続くのかよ~と思うでしょうが、最後が見えてきました。
何とか今週末で全てを出しますので、締切は今月末にしておきます。

今回と次回はssピコ・ベインが母親です。
昨今話題の生産者からのものだから、各地に兄弟姉妹がいることでしょう♪


Dscn2540.jpg

父親はこれまた、毎度の白ddです。

Dscn2352.jpg

う~ん、今期はかなりsd狙いてきな交配だらけになってしまいましたね!
こちらの交配は1口6粒で2口分の用意をしました。

第十三弾になります。

交配種になるとカテゴリーの分類がわからないので、
実験中に入れてしまっていますが、
すこーし趣旨がずれてしまっているのはゴメンナサイm(_ _)m

Dscn2596.jpg

今回の母親はインソムです。
どうも初めて写真で見たのがあまりに整形されたもの(ピコ系)であったためか、
なんとかあれに近い物を引き当てたく毎年、必ず2、3苗を購入してみます。

その初期に近い物の一つがこちらね♪
そして、掛け合わせたのがssのピコ・ベインです。

Dscn2540.jpg

こちらは母親が充実したのか、
多くの種が(と言っても、この交配だけで他は乗らなかった)採れました。

1口6粒で5口分の用意ができました。

第十二弾です。

第十二弾もssが母親の交配になります。
画像の花色は最終の頃の花なので、色もあせてイマイチですので
追加の画像も載せてみました。




元々、開花株の通販で購入したものでdd株のラベルが付いていたのに
咲いたらss!!!毎年ss!!


Dscn1149.jpg

ただ、葉を見ると特徴は伺えるように烏葉でトルカ系の様子から
少しはddの意識があるみたい。

それに対して、何でこの花粉を付けたのかは自分でも意味不明なんですが、
記憶を思い出せず、どうしたかったのだろう~?


Dscn2522.jpg

その場に咲いているddがこれしかなかったのか。
今となっては分からずじまいの交配です。

1口6粒で3口分を支度しました。




家の中で

土曜日はせっかくのお休みであったのに、悪天候で家に缶詰になっていました。
と言うことで、昼間にブログを書いてその後は以前に用紙を購入していた
ラベル作成をやることに・・・

が、しかし・・・初めの1枚目を作成するまでに、
え・らい時間が掛かりました!!



また、台紙に画像を合わせる微調整もコツが飲み込めず、
別な用紙にいくつも刷り直しました。
画像処理が飲み込めてきた辺りから、mixラベルや交配ラベルを作成し、
この時に一気にやってしまおうと、終わる頃に時計を見たら日付の変わる頃でした・・・

休憩の時に遠巻きに見ていた手つかずの冷蔵庫の中身を、
外に出す決心をし '06 の現状を把握する事の準備をしました。


Dscn2806.jpg

画像は大型のタッパーだけですが、この他に小タッパー、ゼリーカップ、プリンカップと
かなり見たくない代物ばかり・・・
大型は後回しにしていくつかのフタを開けると、溶けた種やカビた種が・・・
また、薬品の臭いのする容器も・・・

まずは処分種を選別して、パーライトを廃棄する作業からしなければ・・・
この原因の基はこの時期の処理に問題があるのを、
実証してしまったいい例である。
この時期の処理を補う為に薬品の投入も併せて行っていたのですが、
ことごとく失敗に近い結果となってしまいました。

ただ、これだけの失敗を目の前にして、また薬品に手を出そうとしているんだよなぁ~

続きの第十一弾!

第十弾のタイプ2だと思って一度は記事にしましたが、
逆の交配でしたので、新たに書き直します。

母親がこちらの白ddにPDを乗せていました。

Dscn2352.jpg

極端に違う色目の掛け合わせと、その時のおいらは考えたのでしょうか!
またはメリの遺伝を注入して変化を見たかったのか!

Dscn1139.jpg

いずれにしても種は採れましたので、余剰分はお譲りします。
1口6粒で2口分の用意をしました。

第十弾になりました。

いい加減にしとけよ~なんて言葉が聞こえてきそうですが、
第十弾めになりました。

今回の母親はミ◎シのガー◎ット・レッドです。
ミ◎シのddは種が採れにくいと以前に噂で聞いたことがありましたが、
ヤフ◎クでも普通に出回っているので昨年に続いて種取りをしてみました。

ちなみに昨年は未結実に終わっています。




今回もタイプ1はセルフを・・・1口6粒を3口分、用意しました。

一度、タイプ2も書きましたが、間違いでしたので
第十一弾に廻すことにしました。

第九弾めは未公開でした!

第八弾めに初花で種が採れないと言い切りましたが、
こちらはその逆で初花で上手く管理が出来て?
採取できた例外の方です。
(おいらにとっての例外ってこと)

しかも、ブログの中から画像を探していたら未公開であったことに気が付きました。
前秋、前々秋の頃に多く出回っていたカ◎コさんの桃*桃のdd苗でありますぅ

Dscn2647.jpg

初花なので来期以降にddに化ける事は十分にありますが、
今期はいい感じのアネ◎ネ調になりました。
このまま来期もsdを通して欲しいのはおいらの意見だが、
願い通りになるかは楽しみの一つだね♪


Dscn2646.jpg

こちらは1口6粒で2口分の用意をしました。

やはり第八弾も・・・

第八弾になってもssが中心になってしまうのは、
ddの開花株は今期くらいから購入しはじめたばかりで、
もっぱらdd苗からの開花をさせていたりして、
今期に初花のものが中心になっているからである。

そんなこともあり、今期のdd株は父親になれても母親になれない株がやたらと多いのだ。
まぁ~そんな言い訳はいいとして、
今度の母親はこちら・・・


Dscn1161.jpg

画像は前年のもので前期くらいからイエロー?グリーン?
が強く出始め今期も同様な感じ!!



タイプ1はセルフで1口6粒を2口用意しました。
そしてタイプ2はこちらを父親にしてみました。

Dscn2630.jpg

こちらも1口6粒で2口分の用意をしました。

第七弾も・・・

今回も前回と同様のタイプの記事になります。
白ピコの糸ピコ似のセルフがタイプ1です。

Dscn1284.jpg

1口6粒で2口分を用意しました。
また、タイプ2はこちら↓を父親にしてみました。

Dscn2352.jpg

この父親もピコの遺伝を備えているようですから
sdピコなんて出現しないかと期待感から・・・

期待感は持ちつつssしか出ない事も十分に考えられますね。
まぁ~ブラックほどではないでしょうけど・・・
こちらも1口6粒で2口分になります。



New «∥Top∥» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。