• «
  • 2007'11:
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今さら・・・

前のシーズンにミ◎シのピコ交配で良い結果が導ける可能性が
高めである事は話題になって、おいらも率先してddの花粉を付けていました。

そんなミ◎シのメリコに次にやってみたい事として、
今さらだけど、この休みにこいつを手に入れてみました。



白が強調される事をベースに、
何を交配させるかを咲くまでの間に考えるのも楽しいであろう♪

まずは2ポットを支度しましたが、他で交配を終えているのか
よそのブログで確認してこないとね。

結果があると何を掛けると面白いかが見えそうだしね~

スポンサーサイト

新たな仲間達

前回の記事を書いた後に一息ついたのだが、
そこで新たなる作業が待っているとは思いもしなかった!

そうなんです、冷蔵庫の中に入っていたタッパーが早い物で
7週目に入っていたんです!!



開けてみたのが上と下の画像です。
では、なぜ2枚の画像かなんですが、上はオクで購入したもので
下は自家採取したものです。

Dscn2964.jpg

どちらも部屋のテーブルの上に9月一杯まで放置プレーだけど、
日中の留守の間は部屋はとても暑くなる状態です。

この状態を見てしまったので急いで植え付けの準備をしたけれど、
その時に限って必要な物が見つからず、週中に休みがあったので
結局作業を始める前にHCに買い出しをして、その後、昼前から作業を開始しました。

Dscn2970.jpg

作業を終え、近所の土手に休憩しに行ったら
陽気はすっかり真冬の状態になっていました。
空気も澄んで当地では冬ならではの景色!!

この日のニュースでは各地で大雪になったそうだ。

Dscn2974.jpg

そして、この日は5~7週経過の発根分、100セルを植え付けて作業はやめました。
あれから数日、今は130~140セルくらいの所を進行しています。

同じ1年なんだけど・・・

↓ 下の記事からのつづきで、
セルのチビクリが良く成長していると思いきや・・・

同じ時期にセルに発根した種を植え付け、
春に威勢の良いチビクリをセルから、植え替えたものが出てきました。



ラベルを見るまで1年苗だとは気が付かなかったのですが・・・
おいらの場合、大半はプラコップへの植え替えをしているため、
このポットは秋に成長の良い苗を植え替える時に使用しているんです。

Dscn2949.jpg

秋に植え替える大きさを春にしてしまったパターンって事だね。
ここまで上手いこと成長してくれると、
来期には花芽もなんて欲が出てきてしまうよね~♪

・・・でも、生産者であれば、これが常識の世界ってことか?

ようやくおいらも少量の数ではあるが、
短期間でこの大きさまで育てる事に成功した?それとも、偶然?

まぁ~偶然でもいいね♪

セルのチビクリ

いつも時間があれば植え替えをしていますと言っていますが、
今回は春に植え替えをしそびれたチビクリ達の画像を紹介します。



植え替えしなかったのか、出来なかったのかは覚えていないが、
こんな状態のチビクリを50程残していたので、
最近になってようやく着手できたんです。

Dscn2946.jpg

セルから抜いてみると・・・

Dscn2947.jpg

なかなか良い感じでは・・・?
ちょいと、セル栽培は初めての経験なので比較出来ないのですが、
サークリングしかけている頃合いで、満足度は高いんですけど・・・

ラベルからも丁度、1年前にセルに植え付けた事(発根の頃)からすれば
よくぞ成長してくれたぞ!おまえたち!!

と思ったのもつかの間・・・つづく

まさか・・・の

先月の月末頃に発見したチビクリなんです。
とってもヤバイ状態だと思いすぐさま隔離栽培にしました。

種からの栽培で10粒くらいの内、唯一の発生であることや
葉脈に症状がなかったり、ベッタリとした感じが見られない事から
判断してデスではなさそう???


Dscn2890.jpg

上の画像から数日経って新葉に期待し、切り落としたんですが・・・
新葉が育ってきたら出てきてしまった・・・

んで、ダコを数日おきに地べたに注入しています。


Dscn2944.jpg

新葉は更に大きくなりました!
症状は停まった感があるけれど、ダコはしばらく続けて行こうと思う。

Dscn2945.jpg

後日にここまでではないが、似た症状がある株が2~3株出てきたのよ。
株元から茎までも斑点だらけなのは、このチビクリだけなのだが、
少しくらいの症状なら結構、放置プレーになっていたようだ。


気が付いたら早めの処置をみなさんは心がけて下さいね。
くれぐれもおいらみたいにならないように・・・
デスでなかっただけでも、ホッとしている。

以前に地植の株にデスが発生して、数年に渡り高価な地植の株を
庭の半分弱を喪失したと言う話を聞いたし、
発生が確認されたら株を全部地上げした方が良いとも聞きました。
(地植えのはなしです)

聞いた当初は他人事だったんですが、
いざ自分に出るとかなり動揺したよ。

おいらは鉢植えですが、土を新旧と補充しながら使用しているので、
かなりの冷や汗もんだよね~ふぅ

始まっていた!!

今月の初めの事であるが、休みの日にいつものお店へ行ってみた。
すると、店主から最近の陽気の変化でボケ咲きになってしまった
と言う株を見せてもらった。

当地では咲くには早すぎてしまっていて色も花もボケボケなんだ~
なので、↓このままの状態が長い期間続いて終息する感じみたい。

ちなみにこちらはお店のジョ◎ュアです。



と、そんな事を聞いてから自分の家の株を覗いて見ると
う~ん!ニ◎ルは何やら地際でモゾモゾしている様に見える↓ね♪

Dscn2896.jpg

そしてジョ◎ュアは・・・あら・・・
ここまで上がってきていたとは気が付かなかったよ。

Dscn2894.jpg

植え替えばっかりしていて、開花株は後回しになっているから
夜間の水やりしかしていない分、気にも留めていなかったよ。

時期が来たって感じでいいねぇ~(≧▽≦)
当地は見た通りですが、御覧の方のお宅はどぉ~ですか。

4週間経過

先週末は季節はずれ?の台風通過の一日となり、
良い機会なので種の状況を確認してみました。

今回の画像は、ちょうど4週間ほど経過した物だけを取り上げました。
(残りは日が浅いので変化がないということ)

Dscn2886.jpg

↑こちらは全体が発根準備に入ってきたもの



↑こちらは1粒だけだが矢印の先まで根が成長してきたもの

Dscn2889.jpg

↑また、逆に腐敗が発生したものも出ました。
そこで、オ◎ソサ◎ド水溶液を作り、
4週目の種を中心に一粒づつ浸して消毒を行ってみました。

この後に各タッパーから続々と発根が始まってくると
嬉しい反面、忙しくもなってくるね(^_^)

New «∥Top∥» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。