スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっといいかも

今回の株はごく普通のって、いつも普通の株しか紹介していませんが・・・
見る箇所でちょっといいかも的な・・・ネタです。

一株目は ss のアプリ調の株です。



ちょっと、いいなァ~は ↓ の色の具合なんですね。
多分、蕾の時に寒さに当たってピンク?パープル?掛かっての事だと思いますが
花弁の重なっていた部分が本来の色なのかも知れないけど、
花弁の丸みと・・・な~んかいい!(No.727)

727-4.jpg

そして2株目のちょっといいは
白ピコの sp なんですけど・・・

742-3.jpg

sp の入り方が中心部にはグリーンで消えてしまっているので、
な~んか普通と違う見慣れない模様の具合がちょっといいのであります。

742-1.jpg 

結構グリーン掛かると sp の量が少ないのは見覚えがあったと思いますが、
この量でと言うのがミソかも知れませんね♪(No.742)

スポンサーサイト

事後報告(6)

先日に引き続き、今回も事後報告のネタです。
今回はハ◎ポ+ア◎ノスのトレーを・・・

上の2枚の画像が3月中旬で、一番右のチビクリ(右下の画像)に本葉が出始めましたね。



 10-253.jpg

下の画像は上から半月後の3月末の頃です。
幾分、右のチビクリの本葉が成長し始めていますが、
それだけで特別な変化が見られないのは、ちょっと残念だ。

10-254.jpg10-255.jpg

初めの頃から見れば代わり映えがあると思うけれど、定期報告みたいなものかな~

見え方・感じ方

今回は以前にピンクdd 通しの交配苗を購入したものから出現したsdです。



復色系の色目でわずかな sp も入って内弁が白でいてくれるから落ち着いて良いのか?
内弁が思いっきり赤味でハッキリする方が、際立って良いのか?

好き嫌いもあるからだけど、面白いものですよね~(^^)

215-2.jpg

落ち着きのと表現しているのは個人的な感覚ね♪(No.215)
くすみが酷いと言う見解もあるかも知れないのでね。

本日のもう一株は、以前に他のブログの方から教えてもらって
いまだに同居させている株です。
いまだに同居とは、実生から9センチポットの時に、鉢増しする際
試しに60センチのプランターに4株植えた1株なんです。

502-3.jpg

もう開花して2~3シーズンくらい経ちますが、他の実生よりは確かに成長が良い様で
早いところ独立させなければと、また、開花の時期になってしまいました。

502-6.jpg

すこーし今年は内弁にグリーンが入る量が少ない気がします。
もっと、グリーンが乗ると冴えるんですよねぇ~(^^)

ちなみに薄陽の時であろう昨年の時はまずまずの映りをしています。

事後報告(5)

前回のレポから約1ヶ月が経ちました。
今回のレポは3/11と3/25での事後報告になっちゃいます。
今回の画像はどちらもハ◎ポで日にちが違うと言う点です。

10-2031.jpg

↑ は3/11頃のもので、特別に変化は見られないですね。

10-204.jpg10-205.jpg

↑ こちらは3/25のもの真ん中のチビクリに2本目の本葉が出始めてきました(^^)
なかなか極端には変化が出ないですが、気長に見ていきましょう。

ぐれー

こちらは2月の初めの頃にはいい色でいましたが、
3月の中旬となると、かなり色も抜け始めてきた感じです。



ブルーグレー調のいい色合いの頃には写していなかったのが残念です。
今期はセルフか交配も試みてはいますが、
まだ、さやの膨らみを確認していませんね(No.009)

また、こちらの株はスレートグレーのセルフからの初花です。(No.527)

527-2.jpg

なかなかの渋めのグレーの出現なのに入手先を忘れてしまったよ(^^;)

527-1.jpg

早いところ株を充実させて花茎が数本も上がってくれる様にしたい所だけれど、
開花までにも時間を要しているので、
理想に近づくにはまだまだ時間が掛かりそうだな~(>_<)

うす~いピンク

ソフトピンクで取り上げたかったのですが、
撮影時の頃には色が抜けてしまっていましたー(T-T)

現物だともう少しピンク掛かるのですが、どうにも白く映ってしまいますね~



こちらは、おいらもかなり買い集めたと言ってもいいほどの
1リッターポットのピコダブルからの出現です。

323-3.jpg

さすがにラベル表示の様に出てくれないのは非常に残念でしたが、
それでも dd として出てくれただけでもヨシとしないとね・・・(No.323)
(過去にかなりラベルで泣きをみましたしね~)

もう一株はソフトピンクと言ってもいいのでは・・・
サクラピンクと言う表現もありですかねぇ~

741-2.jpg

花弁の形状や数なんかは、ごく一般的ではあるけれど、
色合いは悪くないです。

741-4.jpg

ただ~撮影時が曇りがちだったのもあり、
画像ではスレート調の様に表現されてしまっているのが悲しいね(T-T)

ポカポカ陽気に見ると自然と良く見えちゃう、そんな色目だねぇ~(No.741)

忘れかけてた~

先日の祭日に当地ではサクラの開花が出ていたと思いますが・・・
今日は一変して雨にミゾレが混じるような天候で、とても寒いですね。

ここの所は初花の報告でしたが、
今回はすでに当地で2、3シーズンは滞在している株です。



こちらは園芸店で偶然に残っていた◎村さんの所のバイカラーだったんです。

051-2.jpg

ただ、昨シーズンに開花していたのか記憶にないんだなぁ~(^^;)
どこで埋もれていたんだか・・・(No.051)

本日、もう一株は一時期に類似品の様に出回った
ミ◎シのピコ似の株です。

052-1.jpg

以前にミ◎シのピコラベルを外して
開花株を販売しているお店があると噂で聞いたことがありました。

そんな噂がありましたが、おいらはすでに購入し終えた後で、
決して嫌いではないので満足はしています。

052-2.jpg

また、この手は後に dd を交配させた方から
sd ピコの綺麗どころを出現させていたりしますから、
クリローの魅力を再認識させてくれた、そんな一株でしたね。(No.052)

ピンク sp

今回はピンクdd-sp を取り上げてみました。
明るいピンクに sp は好きな人もいるのでは・・・



近づいて見るとすこ~しピコ掛かる風で、なかなか良い出現じゃないかな~(No.709)

709-5.jpg

欲を言えばもう少しソフトピンクくらいだと、もっと決まるのかな~?

もう一つの株は、好き嫌いがハッキリしそうな一品です。
ミストと言うお洒落な言葉よりもそばかすちゃんですな・・・

530-2.jpg

で・も・花弁全体が整っていて、sp がアッシュの様に見せているのかいないのか?
な~んか、気になる一品かな~(No.530)

530-4.jpg

若干、バイカラー掛かる様にも見える、
いいと言う人とどこが・・・と言う、何とも表現しがたい代物だろうね(^^)

他人様が羨ましい

以前よりsd は欲しい種類の一つではあるのだけれど、
どうにも皆さんが持っている様な綺麗な代物とは無縁に近いようだ。

最近は交配種からいくつも sd が出現するようにはなったのだけれど、
世間の進化が早すぎて、もはや平凡となってしまった感あるね。



こちらは実生からの初花なんですが、蕾の時から未熟で開花が心配された割には
なんとか咲くには咲いたものなんです。(No.529)

529-2.jpg

ただ、アネモネ調は嬉しいのだけれど、
バイカラーを狙ったせいもあってか色合いはビミョーな線ね・・・

こちらも2シーズン目となる dd 交配苗からの開花ですが、
な~んか個人的に物足りなさを感じるのよねぇ~

407-1.jpg

な~んだろう、色調なのか、うっすらのspなのか、うっすらのベインなのか・・・

407-2.jpg

でもー、nec のグリーンはいい感じで好きな部分でもあるね♪(No.407)

今回の最後の sd は自分の手持ちの中でも上位に入る sd でしょう。
このレベルでーと言われてしまいますが、
ソフトピンクで nec もそこそこ発達していて、しべとの色合いがいいですね。

154-1.jpg

こちらも dd 交配苗から出たもので、案外突然変異的に出現するものなのかなぁ~
と思わせる出現のしかたをしています。(No.154)

154-2.jpg

後になって、今回紹介したのは皆 dd を作出しようとして
出現した偶然の産物でしたね。

今一度、dnを見よう!

今や dn なんてのはごく自然の産物か、と言う所まできている昨今ですね。
今回は dn が映える?(^^) そんな株の紹介です。

この辺のシロピコdn は、もうかなり出尽くしてしまっていて、
皆さんの手元にある株の方が、よっぽど綺麗な株でしょうね。



花弁全体がシロもとてもいいと思いますが、中心部のグリーンが程よく発色して
dn を引き立てている様な・・・(画像が良くないかな~) (No.032)

そして、こちらはバイカラーの苗から出た dn です。
もともと、パープルバイカラーが薄くシロっぽい?クリームっぽい?
みたいな花に sd までは行かないけれど dn なので目立っている感じです。

317-2.jpg

天こ盛りバイカラー苗は当時では、なかなか入手が困難でしたからねぇ~
今は埋もれてしまいそうな存在になりつつあるけれど・・・(No.317)
バイカラーが出損ねた感がある、そんな株ですよ。

で・・・こちらの方は実生からの交配種の丸弁バイカラーで・・・
記事を書いているうちに、dn の時代変化みたいなノリになってきた・・・

735-2.jpg

まぁ~見ればわかりますが、dn の色が全体に行き渡っていない辺りに
もの足りなさがあるかなぁ~(No.735)
しかし、おいらにとっては十分な一品です(^^)

大量生産だったの?

今回は似たような色柄で2株ネタにしました。
1つ目はさじ弁調の複色系ピンクピコと言いましょうか。

今風で言えばピンクバイカラーなんて言うのかも知れないね♪
どちらも初花で、こちらは開きかけの最中です。(No.746)

746-1.jpg

2つ目も同様ですが、PD弁調の・・・(No.517-1)



色柄で近いものを取り上げて、花弁の違いからを比較してみましたが、
花弁の違いで雰囲気はガラリと変わってしまいますねぇ~(^^)

今思えば、おそらく今期はこの手の色柄はありふれていたの?
と、思い返してしまいました。

実際にシーズン初めに、これよりイエロー掛かる株を入手したりしていましたからね!
グリーン掛かるかイエロー掛かるのかは微妙な差であろうからね。
微妙な色加減を目撃した見覚えはなかったですか。

半端かなぁ~?

うかうかしていたら、初花が次々と咲いてきてしまい
整理、整理といつも書いていながら追いついていません。(^^;)



前記事に続いてこちらも糸ピコ調に初花が出てくれました。
でも~少し花弁の色が良くない感じ・・・

324-5.jpg

外弁がグリーン掛かっていて、シロともクリームともどっちとも言えそうな
中途半端な色合いで、まだまだ成長によって変化がありそうな代物ですね。

324-3.jpg

逆にその中途半端さがいい方向に向くことになるかも知れないし、
まだまだこの先、変化をしてくれる事にも期待したいね。(No.324)

一枚目の咲き出しの画像と、
三枚目の開花が進んでくる画像とを比較すると、
PD系の様な細弁の様に成長してくるような株ですね。

いいねぇ~

ようやく糸ピコdd の開花が始まりました。
ここのところの陽気にしては、まあまあ糸がハッキリと出ていると思います。
そして、開花株ではあるけれど、まだまだ花茎が少ないのに
今期は受粉親と花粉親にチャレンジしてみることに・・・

322-4.jpg

開きかけの上の画像はたまりませんね~(^^)
ちょうど上の画像から下の画像への経過する頃が
ずぅーと、見ていてデレデレしちゃう頃かな・・・



花弁の太さはオリ系が色濃いのかなぁ~
すこ~しグリーン掛かってしまうけれど、
おいらにとっては十分合格点が付けられますね。 (No.322)

322-7.jpg

上手く受粉してくれていれば、今後も期待が膨らむのですが・・・

皆さんにとっては、ありきたりの一品でしかないのかもねぇ~

でも、あの糸ピコブームの時は指を咥えて見ている事しか出来なかったおいらだから、
(金銭的にも、紙一重で売約済みと言うタイミング的にも)
今この時に手元にいくつも在る事そのものが、どうにも嬉しいのだ。

だから、今日はこのネタだけで3枚の画像を出してしまった!!

嬉しいなぁ~

ここのところ季節の変わり目とあって、陽気が極端になる日がよくありますね。
おかげさんで、一斉開花にあったり、病気の出没も増えだしたり、
交配をしてみたりと、やることはたくさんありますね。

今回は糸ピコなるものを用意しました。
こちらは今期で2シーズン目となる◎様からの実生です。



種はss ホワイトdn からの出現ですが、
少しクリーム?イエロー?寄りに出た感じです。

209-2.jpg

まだ、成長も今一つで花弁も中心に向かってグリーン掛かるんです。
このままの色合いで通されると、ちょっとつらいかなぁ~
ただ、糸ピコと dn は受け継いでいるようで、
気温が上がる前までは、しっかりと糸ピコを表現してくれました。(No.209)

続いては撮影が遅くなっちゃって、開ききる直前の所を撮影・・・
こちらは貝◎宴で見つけたものじゃ~なかったかな・・・

608-1.jpg

こちらは正面から見ての糸ピコで、正確にはピコの部類であろう。
でも、正面からの画像を見て糸ピコだぁ~と、一人ではしゃいでいます(^^)♪(No.608)

608-2.jpg

花の大きさも中よりやや小ぶりなので、
原種交配のはしりがたまたま売れ残っていたのではないかな~

でも、おいらはどの色合いでも糸ピコに魂持って行れてますから、
増えていっちゃうんです。

事後報告(4)

さて、こちらも前記事の続きとして、ガ◎オ◎+ア◎ノ◎の2月末の状態ですね。

10-451.jpg

こちらも3苗でのエントリーです。
なんとか今日までに取り上げられて良かったですが、
次回の記録は明日なので、
続けざまに UP 出来るようにしないといけませんね。

繰り返し記載しておきますが、1トレー3苗で7トレーにそれぞれの液肥を加えて
様子を見ている遊びをしています。

この様に1つづつに植え替えたのが2/11で、液肥はそれから4,5日後に
500㎜l を投入しての様子見です。

伝わりづらいですが・・・

今回もベインつながり的に、こちらを取り上げてみました。
数年前に生産者さんからベインの出そうな苗を販売してもらったものです。

数苗のうちの1つですが、本当にいい感じのベインが出現して嬉しいですね♪



ピンクベインと言った所でしょうが、花弁が開いてきたら白さが出てきて
外弁の赤身の濃さがその様に見せているのかも知れませんね。(No.303)

303-3.jpg

ただ、前記事にも書いてしまって、おっ・・・と思いましたが、
Fr とべインのバランスの事ですが、この感じは許せるんです。

と・・・書いてしまうと、あんたのダメなのはなんなの?
と、問われそう!!

おいら自身書いていて、伝わりにくいバランス加減だと思っていますから・・・
それに、これはダメなやつって株は初めから買わないし、
良い事に出現もしていないしね~(^^)

これがそうですなんて、画像も転写できないし・・・
いずれ手元に出てきそうですけどね~まぁーそのときまで・・・

事後報告(3)

今回と次回のチビクリは◎◎+ア◎ノスと言う組になります。
今日はハ◎ポと業務用の2種になります。

日にちは全て前記事からと同じ2/25の撮影です。
こちらはハ◎ポの方です。

10-251.jpg

苗の数も3苗づつの似たような生育のものが入るようにある程度、
割り振ってはいます。

そして、こちらが業務用ハ◎ポの方です。

10-350.jpg10-351.jpg

また、カテゴリーの方も今回から分離していこうかと思いますので、
少し比較としては見づらくなるかも知れませんね。

こまかーぃ、こだわり!

こちらは昨シーズンに貝◎宴の店舗の奥地から発見してきた株で、
ちょうど1年くらい前だったか、色が冷め始めている頃でしたので、
ちゃんとした色柄を見るのは初めてです。



ピンクのベインで若干ピコ調?なのかなぁ~
ちょっと、外弁にまでベインが目立つ感じのタイプ(No.660)

660-3.jpg

ベインの好き嫌いはハッキリとしていそうですが、
おいら個人としては花弁のセンターに入るベインのデザインに
大きく左右されて、好き嫌いが出てしまうんです。

今回のものも、まずまずかなぁ~と言った感じで・・・
Fr が細く発達してベインの様に見えてしまうタイプはおいらとしてはダメなんです。
伝わるのかなぁ~こんな書き方で・・・(^^;)

事後報告(2)

すこ~し画像が見にくいですけれど、こちらはハ◎ポ◎カのチビクリです。



画像の表現で失敗してしまったのは ↓ こちらで3苗を写したつもりですが、
分かりづらく同じに見えてしまいます。

10-501.jpg

ポイントはトレーの片側に3苗とも寄せているのですが、
上の画像は上に寄っていて下の画像は下側の方に寄っているから分かりづらいのです。

本来なら撮り直せばと言った所だけれど、先月末の画像に今頃のUPなだけにしくじりました。

今は同時に UP したかった苗の画像が何度やっても処理前の blog UP になってしまう点ですね。
まずは、出せる画像だけ出してしまいます。

弱いんです(^^)

おいらの大好きなタイプが今期も初花として出現しました。
こちらは交配種なのですが・・・
記録の元となる札の字が消えてしまっていてルーツを追えないでいます。

ただ、兄弟もいるはずなので・・・と、思っていたら今期は花芽を付けていないときた!



この咲き出し加減がいいのよね~\(≧▽≦)/

751-1.jpg

これでも各花弁とのバランスと言う点では、
花弁ごとにベインが多い少ないと言ったばらつきがあるんですよ~

今のところでは十分なのですが、当然いくつも手元に増えてくると
その様なポイントが眼についてくるようになるんですよね~
でも、好きなのでぜ~んぜん許せちゃいます(^^)
(No.751)

事後報告(1)

さてと・・・開花、発芽、植え替え、整理とお店訪問やら
なんとも暇さえあればやることが多い日々ですよねぇ~

全くもって遅れていたチビクリの記事ですが、
実験を始めて約半月経った画像をUPしておきます。

カテゴリー上、今回はハ◎ポ組と業務用ハ◎ポ組の2組にしました。

10-201.jpg

上の組がハ◎ポ組の3苗で下の組が業務用ハ◎ポ組の3苗です。

10-300.jpg10-301.jpg

画像は今回も含めて2/25のものであります。
まだ、特別に大きな変化は出ていませんが、今後の変貌が楽しみですね♪

天こ盛りブランド苗

さて、前記事に続いての過去の作品と言ったらいいのか?
1リッターポットからの初花ですが・・・

手持ちの方からしたら今頃に初花かよーって・・・
おそらく1リッターポットって一昨年の販売が最後だったでしょ・・・

毎度に渡って書いていますが、環境の悪さと管理の悪さがミックスされているために
一度休眠しちゃうとなかなか目覚めないんですよねぇ~
下手をすると一生目覚めることがないことも・・・

325-3.jpg

まだ、本来の花色とか出ていない気がするんですけど~
このまま変わらずの色合いか?



少しグリーンが強めのクリームで今の所はおさまっています!
先行きはかすり掛かった、糸ピコ調と言ったところだろうか。
このポットはピコddからの出現ですよ。(No.325)

一瞬にて・・・

今期のシーズンが始まって間もない頃に、
店頭で一瞬にして気持ちを奪われてしまった代物です。



この時期でも4番、5番と咲いております。
今期はこれらの兄弟達がてんこ盛りブランドの中では主流なのかも知れませんね。
こちらをお連れする際にも、兄弟が数株ありましたし~

360-11.jpg

ただ、この時期になって昨シーズンの購入株の中に
似たような株があったのが、咲き出した今頃になって気がつきました(^^;)

まぁ~それでもタイプは違いますからねぇ~
と、自分に言い聞かせています。

外側に向かってベインがハッキリしてくるのが気に入っています。
また、購入時の方が寒さが効いてか、内側の白さが際立っていたと思いますね。(No.360) 

ddパープル

今回はパープル系の集まりです。
どの色にしても結局はこうなってしまうのか、
似たような違うような株が増えてしまいますね(^^;)

こちらはレッドdd 狙いだったか、ダークパープル狙いだったか・・・



ありきたりの色なんですが、上手いことバランスは整ったようです。(No.525)
花も中輪よりちょっと大きめで初花で花茎が1本ですが、
周りのポットの中ではなかなか存在感をアピールしてくる株だったりします。

525-5.jpg

これが大株になったら、見ごたえがありそうな一品と思わす代物かな~?

続いては◎杉氏の苗から出現したもので、数年前に取扱い店から購入したものです。
ラベルには dd-red × dd-purple とありました。(No.212)

212-6.jpg

開花してみたら PD が色濃く出てきた感じで、
なんか、開花につれ花弁の形状が細く成長した様に上下の画像から
見受けられそうですね。

212-5.jpg

また、開花したら色が薄くなってしまった感もありますよ・・・

今回の最後は、今期で開花3シーズン目か?
丸弁調の dd白 × インソム からの渋めのパープルです。

151-2.jpg

ちょつと、管理が悪かったと言うか植え替えが遅れてしまっていて、
今期もすねてしまって花茎が1本です。(No.151)

151-3.jpg

多弁調で sp も外弁からも透けて見えるタイプで、
別のカテゴリーとして好きな要素ですねぇ~

その割には手入れが雑じゃないかと突っ込まないでくださいね。

これが白ベースでsp が真っ赤というのが、
別のカテゴリーの中での高嶺の花ですね♪
ddブロッチもカッコいいのはたまらないよねぇ~(^^)/

かてごりー

昨シーズンから2シーズン目の開花となった(No.708)ですが、
今期は今のところ兄弟がいないなぁ~
ひょっとして、残りは枯らしてしまっているかも知れない。



外弁をもう少し見えるように撮影すればよかったかな・・・
表現が違うかも知れないけれど、ちょっとリバーシブル調なんだ。

708-2.jpg

あと、以外にも後から気がついたのですが、横向き咲きかなぁ~
うす~くピコ掛かる点からか、おいらの昨シーズンメモにはピコ調と記されていました。

う~ん、初花から2、3シーズンは花の色・柄に変化も出ると言いますから
昨シーズンよりも今期はリバーシブルが強調されたのかな・・・

前々記事に続いて・・・

続けて UP したかったけれど、
食事もせずに深夜になってしまうので今日に、持ち越しました。

一つも買う予定もなかったのですが、雑木林庭で見送った2株が
揃いも揃ってお目にかかれるとは思っても見なかったので、
つい手が出てしまいました。

こちらの方が外弁の赤さが弱いですが、
明るめでベインもいい感じです。(^^)/



ちょっと日差しが強い時に撮影してしまったため、
写真映りが悪いのが残念だ!!(No.652)

652-3.jpg

また、こちらは雑木林庭さんの所より小さめの中輪ですから、なお結構かな・・・
昨シーズンに実生から1株、初のベインが出たと思いきや、
今期は容易に入手できるところまできてしまった。

おいらにとっての最高峰と思っていた dd ベインだが、
いつしか最高峰は手近なハイキングコースとなっていたようだね。

でも、これを手にしたからと言って飽きる事無く、
更なる綺麗な dd ベインを求めることになると思います。

New «∥Top∥» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。