• «
  • 2017'08:
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お披露目

全部書き終えての操作ミスはイタイ!!
全て消えてしまった・・・(T_T)

長らく時間が掛かっていたが、祭日の通電テストが上手く行ったので
一気に仕上げる動きとなった。
3号機は初の仕様なので不手際が多く、見栄えが良くないのはご勘弁下さい。

Dscn1997.jpg

↑上の配線の曲線も制作途中の変更によるもので、
ブサイクな格好となってしまっている。(裏面)

Dscn1999.jpg


ほぼ完成なのだが唯一↑の矢印部が穴開け途中で終えていない。(表面)

Dscn2000.jpg


側面はこんな感じです・・・↑
それで、従来の1,2号機と新作の3号機の比較を・・・
PCモニターのOFF画面に照らして撮影してみました。

1、2号機はコスト・パフォーマンスが悪く安い部品の使用になってしまった。
それに比べ3号機は理想に近い部品を使用でき、
しかも照射面積が格段に向上した点が大きい。

要は半年の間に部品の性能が向上して価格が落ちた点が、
使用する部品の数を減少させる事になり、制作費が半分になった訳だ。


Dscn1987.jpg


1、2号機は3号機の完成により部品取りの末路をたどることになる。



ただ、まだまだ煮詰める所があるので、更に改良して行かなければ・・・
今後はセルチビが凍える前に追加で、
もう2~3個の制作をして連結型のユニットにして行く予定です。

簡易計算でB4版を2つセッティングすれば、
60cmプランターを2つ分、照射出来る大きさになる。

これで何かしらの結果が出れば良いのだが、
何か他の物との相乗効果を狙った方が、
効果がハッキリと現れてくるとも予想している。

まずは打倒・育苗灯かな・・・

スポンサーサイト
Comment
MOGEさん
 こんにちは~

そう名指しはしてないけど、かなり『アピノス』ですよね~
もう少し、量産できそうならその時はMOGEさんに自作機のお試しレポでも頼みますよ♪
もう少し改良を加えないといけないので・・・
お早うございます。
もうすぐ完成ですね。
LEDも年々明るくなってきているようですね。
今年イルミノーションを購入して差が良く分かりました。

>何か他の物との相乗効果を狙った方が、
そしたら「アピノス」でしょうか(@^▽^@)
私もまだなのですが、ヘレバカ実験隊のレポートでは、効果ありと感じます。





        
Top
Trackback
http://wanderer65.blog58.fc2.com/tb.php/114-6d50701e
Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。