• «
  • 2017'08:
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

得たものとはなにか

ジップ蒔きも今年の春からいろいろと試しながら、
何かを掴みたいと思ったけれど・・・

クリローと違い失敗の連続であった。
秋の種の入手時期までには経験を得たかったのだが・・・

一つ分かったような、分からないような事として
↓のアディーやテキセンの結実の善し悪しだ!

Dscn2101.jpg

こちらはオクで購入したものであるが、水に浸して皮を剥いたら半分はダメそうである。
これには、オクの他にも頂いたものも同じ結果となった。
そして、テキセンにも同じ事が言えた。 (´Λ`)フゥー

一方、↓こちらはビチセラ系のホーゲルビー・ホワイト!
どうでしょか?種の出来具合が画像ではわかりずらいでしょうが、
明らかに違うんですよ。
しっかりとした厚みもあって、最近冷蔵庫から出してみました。
こちらも、頂きもので話によると100粒くらいは取れているらしい程の株です。

Dscn2102.jpg

そして、こちらはガーデンズの非売品のバーシーを約2花くらい頂きました。
秋から初冬まで、行くたびにつついてましたが、
枯れるまでに時間が掛かったものの、
種はこれまた厚みのある芯まで日に焼けたような茶褐色の健康体でした。

Dscn2103.jpg

これらの種の親は大株であることが前提であるので、
アディーやテキセンの親がどこまでの大株なのかわからないし、
種が結実しずらい説も捨てきれないでいます。

その辺がわかったり、ジップ蒔きが安定するまでには
もう少し勉強代が掛かりそうです。

スポンサーサイト
Comment





        
Top
Trackback
http://wanderer65.blog58.fc2.com/tb.php/126-700b3367
Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。