• «
  • 2017'06:
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

材料変更へ

前回に材料としてフェルトを挙げましたが、
給水の確認をしてみたら、水の染み込みはあるものの
給水まで行かなかったので、急遽材料を調達しました。

Dscn2731.jpg

このふきんを ↓ の様に細くカットしボトル下部からの給水をさせるのです。
ボトル上部に赤玉の中粒を1/3程入れて、
フェルトでの給水を試みたのですが、1日経っても上がってきませんでした。

Dscn2732.jpg


日曜に今回の実験に使う苗を用意しました。
当初3株づつの予定でしたが、
3タイプ目のア◎ノスの混合は見合わせる事にしました。

今は別な物を混入する事で下調べ中です。
それで、画像の左側はssのイエローMixで、右側はssMixです。

Dscn2735.jpg


植え替え後はこんな感じになりました!
この時までに土の下1/3程の所までは前日に給水確認できていましたから、
水分を含んでいて、その上にプラコップから抜いて根をほぐして
中粒の単用にしています。



途中の画像を撮ったつもりでいましたが、無かったのでクドクドと説明しましたが、
この後半日くらいで土全体に水分が行き届きました。

ボトル下部の水分は今のところは水道水ですが、
すぐに液肥に置き換えていきます。

タイプ2は次回へ・・・

スポンサーサイト
Comment
 アドバイスを貰っていながら休眠に入ってしまってすいませんでした。
改めてブログの方で近況報告をしますね。
(≧∇≦)wanさん、又面白い事をやってるのね~♪

底面給水鉢仕様とは、シクラメンみたいね~

底給鉢で液肥を使い続けてると、表土付近の肥料分濃度が高くなるから、気を付けてね~

紐は、手芸店で売ってる木綿の丸紐(合成繊維の丸紐もOK)でもうまくいくよ。
ほらよく、巾着型の給食着袋なんかに使われてるやつ。

頑張ってね~ (^^)/





        
Top
Trackback
http://wanderer65.blog58.fc2.com/tb.php/179-639ec850
Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。