• «
  • 2017'08:
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も・・・懲りずに・・・

あ~ぁ、あまりに触っていなくて、この記事を書き上げるのに4回も失敗しているよ!
昨晩は深夜まで掛かって結局ふて寝しました( ̄〇 ̄)
そいで、いつにやるんだなんて思っている方もいたのではないか?

ようやくそのネタにきました(^^)v
クリローではほぼ初めての試みなので、どの程度の成果が得られるかは
わからないです。

昨シーズンは溶液に浸してそれを管理する事をしていましたが、
結果を導けませんでしたね。

また、しばらくこのネタから離れていたので、基礎のおさらいをしに
他のブログに行ってきました。


Dscn2978.jpg

結局は目安としての情報から、経験的に絞り込むしかなさそうですなぁ~
と言うことで、まずは水を用意しました。

そして、今回も使用薬剤はこちらのGAとBA。
そんでもって、目安とは言え何故にこの分量なのかと言いますと、
一部のクレマのマニアの中では、経験や実績から良い結論に達していたりするので
これらを参考にしていたりするのですが、
やはり情報不足であるので、何度も試す事しかなさそうですね。


Dscn2979.jpg

今回の配分はGAが1包とBAが2mlです。
また、種はこの時点まで乾燥していた種をタッパーにパーライトをひいた上に置き
溶液を種に浸らない量に注いで密封させて、時間を掛けて給水させる点に
重点を置いていたりします。

昨シーズンは給水後に浸した種の経過を見ましたが、
何も結果を得られなかったに等しいですから、
十分に種に影響が出るようにこの様にしてみました。


Dscn2982.jpg

乾燥種ですが、今期は8~9割が自家採取の種で早期分がこの時期までに
かなり発根していることから、
この乾燥種も高温処理はクリアー出来ていると思えます。
そして、この種はこぼれ種や未交配株などの余りの種を利用しています。

Dscn2981.jpg

”雪おこし”は放置プレーで種が採れてしまったもので、
左が200ml、右が400mlで溶液を作っているものを用意しました。

この他に2週間くらい前にメ◎デールで同じ内容のものを用意して
これらとの比較を計りたいですね~
メ◎デールの方は25倍と50倍の2種で、

今日の昼頃に種の膨らみを見て、メ◎デール仕様と併せて
冷蔵庫へ投入してみます。

通常、6週間ほどで変化が出ているので、
どうなるのか期待したいです。
また、この結果により濃度への課題と季節への課題と
次期のヒントが得られるといいんですが・・・

ただ、最近は他のブログを見ていないので、
他で公開されている最良な方法があるのかも知れないね♪

スポンサーサイト
Comment





        
Top
Trackback
http://wanderer65.blog58.fc2.com/tb.php/223-d18549a8
Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。