• «
  • 2017'08:
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

因・果・関係!

こんな時期になっても、まだポットあげが完了していないおいらですが、
中にはこんなヘンチクリンなチビクリ達もいるわけで・・・

     Dscn1375.jpg

左は土を崩した時に地表すれすれで顔を出さなかったチビクリで、
双葉が出ることなく、最近、本葉らしきものが見えてきた。

右は右で何かおかしい?本葉が1枚、2枚・・・
そうなんです、3枚目が中央の→のところの小さい葉がそうなんです!

どうしてそうなるのかは知るところではないが、
他と変わらなく育ってくれる事を願うばかりだ。

そのほか、発芽率0%のポットもあったりで、
考えられる原因は上段から滴る水により、腐ったのかも知れない?
発根から発芽が実は一番注意が必要なのではないかと
今更ながら思い起こさせる。

昨年はタスマニア産の発根種子がほぼ全滅!(数種)
原因を解明しないまま、早期発芽で全株に近いほど発根して
もやし状態まで行きながら、その後に全滅!(数十粒)
そこで初めて、手ほどきを受けポイントを教わって、更に先日の滴る水の件。

相変わらず、毎年たか~い勉強代になっているね (T◇T
とは言え◎か様の記事にある
ハウス丸ごと数年間が無駄と言う規模の比ではないが・・・

スポンサーサイト
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます





        
Top
Trackback
http://wanderer65.blog58.fc2.com/tb.php/36-aa6f016f
Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。