• «
  • 2017'08:
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

比較対照を変える

今回は2度目になるので、前回の常温と冷蔵の結果を踏まえて
濃度差を検討してみることにしました。(GA処理)
そして、運良く?乾燥種も見つかったので数は少ないが同様にしてみる。

前回の結果から常温管理は変化無しと言うことで却下し、
全て冷蔵にして高温処理済みのものを使用する。

Dscn1735.jpg

前回もこの↑画像は使用しています。乾燥種が2種

Dscn1779.jpg


そして、今回の主種です。恐ろしいことに全て購入品!(≧▽≦)/ヤッチャッタ
乾燥種も同じ画像で変化がないので省略です。
終わって気が付いたのは未処理がないから比較できるかー
でも、全てこの日から冷蔵庫行きなので、一般論と比較できるかも・・・

この溶液漬けのまま冷蔵庫で1日寝かせて、
その後に殺菌し直して冷蔵庫プレーを続行するのである。

今回は4種類用意して、あまった溶液を最近購入のアトロに行ってみました。
これで、原種あたりが腐敗したら、と思うとかなり冒険だったかも・・・

スポンサーサイト
Comment





        
Top
Trackback
http://wanderer65.blog58.fc2.com/tb.php/90-2500219a
Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。